私たちはいわゆる『下請け』というポジションにいます。構造的には、受動型の流れとなりますが、生産現場で得、また学び、そして知恵を絞ったノウハウを、VE提案、さらに新たな製品開発に生かすべく、技術開発に力を注いでいます。
その一例として「無段階調節式アームレスト」をここにご紹介します。